CLOSE

〔年頭所感〕佐藤みずほFG社長:取り組みを加速、立ち止まれば後退

2017/01/05 株式会社 時事通信社
★ お気に入り

佐藤康博みずほフィナンシャルグループ社長=米国を中心とした緩やかな景気回復が期待されるが、トランプ次期米大統領の政策運営や欧州政治問題、中国経済の動向には注意を要する状況となっている。  中期経営計画2年目を迎える2017年は「目指す姿の実現に向けた取り組みをさらに加速させる一年」にしたい。立ち止まることはすなわち後退してしまうことになる。  フィデューシャリー・デューティーの実践に取り組み、お客さまの利益に真にかなう商品・サービスを提供し続けるとともに、フィンテック企業などの知見・技術も活用しながら新たな価値創造に取り組んでいく。(2017/01/04-09:07)

この記事の情報発信者

株式会社 時事通信社

時事通信社は、日本の代表的な通信社として、速報性と専門性を兼ね備えたニュースを新聞社、放送局だけでなく、金融機関、官公庁、ポータルサイト向けなど、様々な分野に提供しています。

[HP] http://www.jiji.com/

〔年頭所感〕永井野村HD・CEO:「不確実性の時代」に自ら変革
第一生命HD社長に稲垣氏=事業会社トップも兼務-4月1日

保険ビジネスの成功を支援する
INSURANCE JOURNAL