CLOSE

機能を充実させリニューアルした積立利率変動型終身保険「ドル$mart 」登場 -変化し続ける世界に、スマートにそなえる保険-

2016/09/01 メットライフ生命
★ お気に入り

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 サシン・N・シャー)は、2016 年9 月1 日から、積立利率変動型終 身保険(米国通貨建 2002)の機能を強化し、「ドル Smart(ドルスマート)」の名称で新たに販売します。メットライフのグローバル 企業としての強みを活かした外貨建て商品である本商品は、お客さまの声を聞き、ニーズを捉え、お応えする商品となってい ます。

「ドル Smart(ドルスマート)」は、日本における低金利への対策やより最適な保障商品を求めるお客さまにお応えするために設 計しています。外貨建て商品における多様な選択肢のご提供とともに、より低廉な保険料、重い病気になった時の保険料の払 い込みへの不安の解消といったお客さまのご要望に応じた機能強化により、これまで以上にお客さま一人ひとりにあった保険選 びが可能になります。1つ目の強化機能は、死亡保障がさらに低廉な保険料でお申込みいただける「低解約返戻金特則」、2つ 目の機能強化は、保険料払込免除事由に該当された場合に、以後の保険料の払込みが不要になる「三大疾病保険料払込免 除特約」です。

本商品は、1999 年2 月に日本初の外貨建終身保険として発売された「積立利率変動型終身保険(米国通貨建)」を 2002 年に改定したもので、お客さまの「将来のあんしん」と「未来の成長」への期待にお応えし、販売開始から累計で約50 万件もの ご契約をおあずかりしています。コンサルタント社員(営業職員)・代理店チャネルにおいては 2016 年9 月1 日から、金融機関 チャネルにおいては 10 月1 日から発売します。

機能強化内容

「ドル Smart(ドルスマート)」では、従来商品に「低解約返戻金特則」と「三大疾病保険料払込免除特約」という新たな選択肢を 加え、これらを付加することで、保険料をおさえながら保障の幅を拡げることができます

  1. 低廉な保険料を実現(低解約返戻金特則)
    低解約返戻金特則が付加された契約は、保険料払込期間中の解約返戻金の水準を低く設定し、これを保険料に反映していま すので、死亡保障が、さらに低廉な保険料でお申込みいただけます。
  2. 重篤な疾病時の経済的負担を軽減(三大疾病保険料払込免除特約(2016))
    三大疾病保険料払込免除特約を付加された契約は、被保険者が保険料払込期間中に保険料払込免除事由に該当された場 合、以後の保険料の払込みが不要になりますので、安心して保障を継続いただくことができます。

(※)為替相場の変動により、保険金などの受取時の円換算額が、契約時の為替相場による円換算額を下回ることがあります。また、低解約返戻金特 則を付加する場合には、低解約返戻金期間(保険料払込期間)の解約返戻金が抑制されますが、この米ドル建の解約返戻金を円換算する場合には、 抑制された金額に対してさらに為替変動の影響を受けますので、十分ご注意ください。

メットライフ生命は、円建の保険と外貨建の保険を組み合わせて持つことが、長期にわたり保険商品の資産価値をまもること に繋がると考えています。経済情勢が不透明なときにおいても、お客さまがその不安から解消され、前向きでより充実した人生 を歩んでいただくことができるよう、お客さまの声を聞き続けてまいります。そしてお客さま自らが自信を持って最適な保障を選 ぶことができるよう、信頼されるパートナーとなるべく努力してまいります。また、長期に渡るお客さまへのお約束をお守りするた め、約150 年の歴史と実績を持つ米メットライフの資産運用におけるリスク管理と分散投資に関する「サイエンス」の視点や、世 界約50 ヵ国のネットワークによるマーケットのリアルタイムな情報を役立て、グローバル企業としての強みを活かした革新的な 商品やサービスでお客さまのニーズにお応えしてまいります。 

「ドル Smart(ドルスマート)」概要

正式名称

積立利率変動型終身保険(米国通貨建 2002)

商品の主な特徴

  • 米国ドル建の終身保障が一生涯続きます。
  • 「円」での払込み・受取りも可能です(円入金特約・円支払特約を付加した場合)。
  • 保険金額の増加が期待できます(増加死亡保険金額)。
    • 積立利率は前々月の運用実績を基準に毎月1 日に決定します。
    • 積立利率は年3.0%が最低保証されます。
  • 長期継続の保険契約には運用実績に応じて特別積立金が積立金に積み増されます。
  • 将来の死亡保障などに代えて、契約の全部または一部を年金で受取ることができます。
  • ご契約時に低解約返戻金特則および三大疾病保険料払込免除特約(2016)を付加することができます。(中途付加、中 途解約はできません。)

 

(積立利率について)

  • 毎月の積立利率は、その前々月の運用実績から資産運用のための運営費率、積立金を最低保証するための保証費率、 その他費用を差し引いた利率で、毎月1 日に更改されます。更改された積立利率は、1 ヵ月間、積立金に付利し、積立金 を増加させます。
  • 払い込みいただいた保険料から、契約の締結・維持に必要な費用を控除した金額が、積立金として将来の保険金などの お支払いに備えて積み立てられます。また、積立金からは、死亡・高度障害保障のための費用などが毎月控除されます。 そのため、積立金がそのまま積立利率で運用されるものではありません。 ※控除される費用は、保険金額・契約年齢・性別・経過期間などによって異なりますので、一律には記載できません

この記事の情報発信者

メットライフ生命

現在、プロフィールの記入はありません。

[HP] http://www.metlife.co.jp/

メットライフ協賛「BWF ワールド・スーパーシリーズ」の日本開催大会
株式会社千葉興業銀行とメットライフ生命保険株式会社による共同社会貢献プログラム 第 8 期寄付金の贈呈について

保険ビジネスの成功を支援する
INSURANCE JOURNAL